東京タワーのとっておきの雑学

1958年12月23日に完成した東京タワーは、東京スカイツリーが出来るまでの約51年もの間、自立式鉄塔として日本一の高さを誇っていました。今もなお東京タワー残っていますが、スカイツリーの方がはるかに高いことがわかるでしょう。今もなお、東京都のシンボルといえばスカイツリーよりも東京タワーだと考えている人が多いのではないでしょうか?
今回の雑学では、そんな東京タワーの誕生秘話をご紹介しましょう。東京タワーは戦車の生まれ変わりだと言うことをご存知でしょうか?着工当時の経済状況から特殊な鉄を使用して建設されました。タイトルで分かる通り、その特殊なテストは、戦車の鉄を使って作られたのです。
使用された戦車は1953年に終戦を迎えた朝鮮戦争で使用されたアメリカ軍の戦車です。アメリカはその後に朝鮮戦争行っていました。朝鮮戦争に勝つために、アメリカ軍は新型戦車開発の為の資金として、この戦争で使用された旧型戦車を日本に売却。一方の日本は、戦争があったとの事ですので良質な鉄がありませんでした。両者の鉄を手に入れるためにアメリカから戦車を購入したのですね。利害が一致した契約により、東京タワーの建設へと使用したのです。